鋳造用語集

彫刻用ワックス(ちょうこくようわっくす)
Carving Wax / Machinable Wax / Hard Wax

ハードワックス・マシナブルワックスともいう。
ロストワックス鋳造([sg_popup id="3616" event="click"]ブロックモールド法[/sg_popup])で使用する[sg_popup id="3037" event="click"]雄型[/sg_popup]成型([sg_popup id="3581" event="click"]原型[/sg_popup])用の[sg_popup id="4081" event="click"]可塑性[/sg_popup]ワックス。
高分子系の樹脂の[sg_popup id="4084" event="click"]快削性[/sg_popup]を向上させ、刃物やヤスリで[sg_popup id="4103" event="click"]切削加工[/sg_popup]を可能とする。
融点は、80℃~90℃付近で[sg_popup id="4096" event="click"]パラフィン[/sg_popup]系ワックスより高く粘りを持って溶融するため、[sg_popup id="3594" event="click"]脱ロウ[/sg_popup]にはこの特性に合わせた[sg_popup id="1273" event="click"]焼成カーブ[/sg_popup]を使う。

鋳造用語 索引

© 2024 吉田キャスト工業株式会社