鋳造用語集

亜鉛(あえん)
Zinc

単体金属として製造を始めたのは、13世紀のインドだといわれている。
1746年にドイツのマルクグラーフが菱亜鉛鉱から金属亜鉛を取り出し、その方法を書物に残した。
ペルシャ語の「石 (shing)」、ドイツ語の「フォーク (zink)」が元素名の由来とされる。

亜鉛は、合金材料として他の金属と混ぜて使用される。代表的な合金は[sg_popup id="11783" event="click"]ハンダ材[/sg_popup]である。[sg_popup id="11745" event="click"]ルアー[/sg_popup]などの釣り具や玩具などには[sg_popup id="3935" event="click"]ホワイトメタル[/sg_popup](スズ亜鉛合金)として多用されている。最も身近な亜鉛を含む合金は[sg_popup id="9496" event="click"]真鍮[/sg_popup]。
また、亜鉛は、味を感じる舌の味蕾(みらい)に存在する。亜鉛が欠乏すると味覚障害が生じる。

元   素   記   号Zn
陽      子      数30
価   電   子   数- (N/A)
原      子      量65.409
融                点419.53
沸                点907
密                度7.134
存      在      度地球  80 ppm   宇宙 1260
代表的な製品ハンダ材・合金素材・鋳造合金の割金及び、脱酸材・医薬品

 

鋳造用語 索引

© 2024 吉田キャスト工業株式会社