鋳造用語集

モリブデン
Molybdenum

1778年、スウェーデンのシェーレが輝水鉛鉱(モリデナイト)という鉱物を硝酸で溶かして調べることで、モリブデンを得た。
クロム族の金属、元素名の由来は、ギリシャ語の「鉛(molybdos)」に由来する。
『硫化モリブデンは、摩擦係数が低いことから、工業用の潤滑油やエンジンオイルの添加材に用いられる(中略)』
『モリブデンとの合金は、優れた温度特性と適度な導電性を兼ね備えているため、ハイブリッドカーやロケットの電子基板などに用いられる。』

(ウェキペディアより抜粋)

 

元   素   記   号  Mo
陽      子      数  42
価   電   子   数  - (N/A)
原      子      量  95.94
融                点  12617
沸                点  4612 
密                度  10.22
存      在      度地球  1000 ppm   宇宙  2.55
代表的な製品潤滑油やエンジンオイルの添加材・ハイブリットカーやロケットの電子基板

 

鋳造用語 索引

© 2024 吉田キャスト工業株式会社