鋳造用語集

銀合金(ぎんごうきん)
Silver Alloys

[sg_popup id="11293" event="click"]銀[/sg_popup]を主成分とする合金の総称。
[sg_popup id="11241" event="click"]貴金属[/sg_popup]であるため、[sg_popup id="10426" event="click"]品位[/sg_popup]を千分率で表示するのが一般的。(工業用合金は除く)
銀の品位により別称があるものがある。

 

名  称品位表示別称/用途等成 分
純  銀SV1000ファインシルバー・サラ銀100%
コマーシャルシルバーSV999トリプルナイン・スリーナイン銀99.9%
ブリタニアシルバーSV958・Britannia17世紀~18世紀のイギリスの品位銀95.8%・銅4.2%
五分落ちSV950メキシカンシルバー銀95%・銅5%
スターリングシルバーSV925宝飾品や欧米の銀食器等では最も一般的な品位銀92.5%・銅7.5%
コインシルバーSV900銀貨では最も一般的な品位銀90%・銅10%
銀パラ-入れ歯の床やクランプに使用する銀とパラジウムの合金銀77~90%・パラジウム10~23%
ダッチシルバーSV833オランダ固有の銀品位銀83.3%・銅16.7%
ダニッシュシルバーSV826デンマーク固有の銀品位銀82.6%・銅17.4%
ジャーマンシルバー※SV800ドイツ固有の品位・食器用シルバー銀80%・銀20%
電気接点用シルバーSV715装身具の金具にも使われる品位銀71.5%・銅28.5%
白四分一-日本の伝統金属工芸の合金。四分一には配合により多種銀59.5%・銅39.5%・金1%
ピンクシルバーSV500銅銀配合が共晶点より銅側のため凝固時の組成が銅リッチ銀50%・銅50%

※『ジャーマンシルバー』洋白銀などの白銅もジャーマンシルバーとよばれるが、銀のジャーマンシルバーとはことなる。

 

 

鋳造用語 索引

© 2024 吉田キャスト工業株式会社