鋳造用語集

硫黄(いおう)
Sulfur

天然結晶で産出されるため、古くから存在は知られていた。
サンスクリット語の「火のもと(sulvere)」に由来するラテン語の「硫黄(sulpur)」からこうよばれるようになった。

硫黄は、ゴムを[sg_popup id="11466" event="click"]架橋[/sg_popup]させ弾力性をあたえる効果を持つ。ゴムに強度をあたえる[sg_popup id="12261" event="click"]炭素[/sg_popup]と一緒に硫黄を混ぜ合わせてつくられるのがゴムタイヤである。

合金の中の硫黄は、[sg_popup id="751" event="click"]偏析[/sg_popup]しやすく[sg_popup id="12355" event="click"]靭性[/sg_popup]などを阻害する物質のため、[sg_popup id="11250" event="click"]マンガン[/sg_popup]と一緒に混合し被削性を向上させる場合を除き、硫黄は不純物としてあつかわれ[sg_popup id="3593" event="click"]コンタミ[/sg_popup]成分と見なされる。
[sg_popup id="12325" event="click"]鋳鉄[/sg_popup]中には0.02%以下におさえるべきとされる。

元   素   記   号S
陽      子      数16
価   電   子   数6
原      子      量32.065
融                点112.8(α)・119.0(β)
沸                点444.674(β)
密                度2.07(α)・1.957(β) 
存      在      度地球  260 ppm   宇宙  5.15×105
代表的な製品ゴムの架橋剤・合成繊維・医薬品・農薬・抜染剤などの添加物

 

© 2024 吉田キャスト工業株式会社