鋳造用語集

ベリリウム
Beryllium

1828年にドイツのウェーラーとフランスのビュッシーによる緑柱石の化学分析により発見された。
名前の由来は、鉱物のベリル(緑柱石 Beryl)に由来し、ウェーラーにより命名された。
ベリリウムは、軽く、硬く、強いという特徴を持ち、[sg_popup id="11271" event="click"]銅[/sg_popup]にベリリウムを添加した[sg_popup id="11416" event="click"]ベリリウム銅[/sg_popup]は、強度が増すため、強力バネ材として使用され、[sg_popup id="776" event="click"]溶態化処理[/sg_popup]も可能なため、眼鏡の鋳造用金属としても多用される。

元   素   記   号  Be
陽      子      数  4 
価   電   子   数  2
原      子      量  9.012182
融                点  1282
沸                点  2970
密                度  1.8477
存      在      度地球  1.5ppm     宇宙  0.73 
代表的な製品バネ材・安全工具・眼鏡パーツ

 

鋳造用語 索引

© 2024 吉田キャスト工業株式会社