鋳造用語集

コバルト
Cobalt

紀元前よりガラスや陶器の着色に用いられてきたが、その正体は長い間不明のままであった。
1735年、スウェーデンのブラントが、分離することにはじめて成功した。1780年、べリマンによって新元素であることが確認された。
元素名は、ドイツ民話に登場する「山の聖 (kobold)」『コバルト鉱物は治金が困難なため、16世紀頃のドイツでは、コーボルトが坑夫を困らせるために魔法をかけたもの』(ウィキペディアより抜粋)、もしくはギリシャ語の「鉱山 (kobalos)」。

コバルトは、合金にすると硬くて丈夫になるため、コバルトハイス鋼(高速度工具用合金)の添加材料、[sg_popup id="11291" event="click"]クロム[/sg_popup]との合金で「コバルトクロム」として歯科[sg_popup id="3602" event="click"]補綴物[/sg_popup]の合金として使用されたり、[sg_popup id="11265" event="click"]白金[/sg_popup]の[sg_popup id="3745" event="click"]割り金[/sg_popup]として宝飾品に使われている。
生命にとって必須元素でもあり、ビタミンB12を構成する中心的な元素である。また、充血をおさえる目薬にも使われる。

元   素   記   号  Co
陽      子      数  27
価   電   子   数  -(N/A)
原      子      量  58.933200
融                点  1495
沸                点  2870
密                度  8.9
存      在      度地球  1400 ppm   宇宙 9510
代表的な製品高回転工具の鋼材・歯科補綴物(ほてつぶつ)・ガラスや陶器の接着剤・目薬・白金合金の割り金(宝飾品)

 

© 2024 吉田キャスト工業株式会社