鋳造用語集

白金(はっきん)/プラチナ
Platinum

古くから知られていた元素の一つ。
はじめて新元素だと認識したのはスペインのデ・ウロアとされている。
名称は、スペイン語の「小さな銀 (platina)」に由来する。
日本語表記の「白金」は、白い金と表記されるため、金合金の[sg_popup id="8543" event="click"]カラーゴールド[/sg_popup]である[sg_popup id="7700" event="click"]ホワイトゴールド[/sg_popup]と混同されがちである。中国語で「白金(ぱいじん)」はホワイトゴールドを指すが、日本語ではプラチナを指す。
白金は、腐食しにくいためキログラム原器の材料に使われている。正確なキログラムは、このキログラム原器が基準となっている。
現在ではあまり使われなくなったが、自動車から排出される排気ガスの触媒に約2~4gの白金が使われていた。
白金触媒が登場する前までは、その利用方法はほとんどが宝飾製品用であった。

元   素   記   号  Pt
陽      子      数  78
価   電   子   数  - (N/A)
原      子      量  195.078
融                点  1772
沸                点  3830
密                度  21.45
存      在      度地球  1 ppb   宇宙  1.34 
代表的な製品白金触媒・宝飾品

 

© 2024 吉田キャスト工業株式会社