鋳造用語集

グリーンゴールド
Green Gold

宝飾用語。
「青割り」ともよぶ。[sg_popup id="8543" event="click"]カラーゴールド[/sg_popup]の一種。
宝飾用地金として一般的な[sg_popup id="12150" event="click"]金合金[/sg_popup]の場合、[sg_popup id="10426" event="click"]品位[/sg_popup]を落とす場合の金以外の金属は、[sg_popup id="11271" event="click"]銅[/sg_popup]と[sg_popup id="11293" event="click"]銀[/sg_popup]である。
金合金の純金以外の金属量を10割とし、その[sg_popup id="3745" event="click"]割り金[/sg_popup]を全て銀のみで混ぜた金合金。
例えば、K18の場合では、金75%、銀25%。

鋳造用語 索引

© 2024 吉田キャスト工業株式会社