鋳造用語集

割り金(わりがね)
Adding Alloy / Alloys

合金を造る目的で、主成分の金属(主に貴金属)に添加する金属を指す。

の場合を例にとると、K18の場合主成分の金に25%のを混合する。この場合の銅や銀を『割り金』と呼ぶ。
金合金の硬度を上げたり、色を変えたりする目的で割り金を入れる。
カラーゴールドは、割り金の種類や配合を変えることで金の発色を変えた金合金の総称。レッドゴールドグリーンゴールドホワイトゴールドなどがある。

 

 

 

鋳造用語 索引

© 2024 吉田キャスト工業株式会社